読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

現在分詞と過去分詞をあっさり導入

関係代名詞について軽く復習(1分くらい)

①which/who/thatを使うこと

②関係代名詞の役割とそれぞれの意味の確認

 

「今から言う日本語を関係代名詞を使って英語にしてみよう」と伝える。

その時以下の形を今日は使用すると伝え、板書しておく。

①関係代名詞+現在(過去)進行形

②関係代名詞+受け身形

 

教師は日本語を与え、生徒にはペアで考えさせる。


f:id:merasan:20161122061151j:image

「サッカーをしている(最中の)男の子」

(今回は、毎回ペアを立たせ、正しい英語をつくれたら座っていいという指示を出した。)

全体的に座ったところで指名し答えを確認する。
f:id:merasan:20161122061446j:image

その後、全員で教師に続いてリピート。

以下を数問繰り返す。


f:id:merasan:20161122061838j:image

「本を読んでいる(最中の)女の子」


f:id:merasan:20161122061851j:image


f:id:merasan:20161122062032j:image

漱石によって書かれた本」


f:id:merasan:20161122062047j:image


f:id:merasan:20161122062100j:image

「中国でつくられた消しゴム」


f:id:merasan:20161122062109j:image

ここで、もう一度今までのものを改めて練習。


f:id:merasan:20161122062419j:image

 ここからは、答えのスライドの関係代名詞とbe動詞を消えるようにアニメーション設定しておく。(一番簡単なのは白い四角の図形をその部分に重ねて、フェードなどでフワッと現れるようにする)

 生徒たちは、改めて練習しながら、なぜか一部分だけ消えていくことに気づく。


f:id:merasan:20161122062920j:image


f:id:merasan:20161122062931j:image


f:id:merasan:20161122062940j:image


f:id:merasan:20161122062100j:image


f:id:merasan:20161122062109j:image


f:id:merasan:20161122063023j:image

 生徒たちの頭が「???」となっているところにプリントを配布し、文法解説。


f:id:merasan:20161122063141j:image

このあとは、Talk and Talk 30や31で練習をして家庭学習につなげました。