読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

関係代名詞(主格)の導入とフルーツバスケット

 関係代名詞(主格)の導入

  1. 「さらに詳しく説明できるようになる」ことが目標であると伝える
  2. スライドには2人の男の子/女の子のイラストがあり、Look at that boy / girl! と言う。
    f:id:merasan:20161006055539j:image
  3. 生徒は Which boy / girl?と聞き返す。
  4. A boy / girl who〜 と関係代名詞で説明
  5. 生徒は左か右のどちらの子か分かったら、みんなでThe boy / girl on the left / right! と言う。
  6. 以上の流れを先に確認しておく。
  7. テンポよくいくつかのパターンをやっていく。(例)a boy who has a bat / a girl who is taking pictures など
    f:id:merasan:20161006055555j:image
  8. プリントを配布し文法の解説
    f:id:merasan:20161006055607j:image
  9. スライドでパターンプラクティスをいくつか(例)a boy who is playing soccer / a girl who likes reading books など
    f:id:merasan:20161006055619j:image
    f:id:merasan:20161006055630j:image

  10. 英語でフルーツバスケットをすることを伝える(今回は動物バスケット)

 

ここまでを10分ほどで行い、フルーツバスケットへの展開をしました。