読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語の授業メモ

授業改革と実践の日々

効率のよい教科書本文の指導はこんなふうにしています。

 出来る限り効率よく、意味理解から音読へと計画しているが、思った以上に時間がかかっている気がします。なぜ?

 

授業の手順

  1. オーラルイントロ(あっさりと)
  2. プリント配布し日本語のT/Fをリスニングで2問
  3. 新出単語の導入と発音練習
  4. 教科書を開き、英語のT/Fを追加で2問
  5. 机間指導で、計4問の全問正解者のみ、机をコンコンとたたき知らせる(2分)
  6. プリント裏面にチャンクごとの日本語訳と文法や表現の解説を印刷している。それを見ながら解説、時間があれば音声を聞く
  7. T/Fの答え合わせ
  8. 裏面のチャンク訳を見ながら音読練習
  9. まずはチャンクごとのリピート
  10. チャンク探し読み(ジャンケン勝=プリントのチャンクごとの日本語、ジャンケン負=教科書を見ながらチャンクごとに英語に変換)→役割交代
  11. Buzz Reading
  12. CDで1文ごとリピート
  13. Read and Look up
  14. Shadowingなど

 

適宜変更する点もありますが、どこにムダなパートがあるか検証していかなければと、思っています。音読練習に入ってから時間がかかっているようです。うーーん…